すらら

「すらら」はゲーム感覚で学習できる無学年式対話型アニメーション教材

すららの概要

形態インターネットを通じてゲーム感覚で学ぶことができる対話型のデジタル教材
価格入会金(通常税抜10,000円)
小中コース:8,000円
中高コース:8,000円
小中高コース:10,000円
無料体験版有り
販売元URLすらら

今年最後!2018年2月28日までクリアユニットキャンペーン実施中! ※2018年2月1日〜2月28日の間に「すらら」に入会された方が対象です。
クリアユニットキャンペーンについてはコチラ


というわけで、「すらら」は本来であれば小学生~高校生向けの教材です。
しかし私は現在ほかの英会話学習教材と並行して「すらら」の英語をイチから体験中です。
体験学習内容はもう少しまとめてから順次こちらのブログでレビューしていきます。
→ 2020年までに語学習得をめざすブログ 

あまりにも基礎文法を忘れすぎていたので!

本来であれば中学英語ていどをきちっとできていれば、英会話は難しくない…という話は一般的によく聞きます。しかし!

その中学生英語をほとんど覚えていない…

というのをつくづく実感しました。
英会話は聞き流しているだけじゃ話せるようにならないし、決まった言い回しは覚えないといけないし、おなじく文法にもルールがあります。
あと英単語忘れすぎでした。

アルファベットイメージ写真

すららで学習できるのは英語・数学・国語の3教科ですが、私はとりあえず英語だけを順番にこなしていっています。そのうちほかの教科もやってみるかもしれません。
なぜ3教科なのか?というと、英語・数学・国語は理解を積み上げていくタイプだからです。
ある程度暗記で乗り切れる理科・社会。すららのシステムは、積み上げ学習のサポートにぴったりなのだそうです。

すららの月額利用料は小学生から高校生までしか項目がありませんが、対象は小学校低学年から社会人まで

・授業の補完として予習復習
・何らかの事情で学校に通えない人
・発達障害がある
・遅れた学習を取り戻したい人
・個別も補習タイプも塾が合わなかった人
・そしてもういちど納得ができるまでやり直したい人

すべての人が対象です。
自分がどこで躓いて、どこから分からなくなったのか、最初からやってみることで理解が進むかもしれません。

すらら 学習の道のり

このように段階を踏んですすむので、どこでつっかえるのかが分かりやすいです。
1ステージがそれほど大変そうに見えないかもしれませんが、英語の1stageにはLesson20まで入っていて、さらにその中にunitという最小単位の学習項目が78個詰まっていました!1unitは急いでつっかからずにやって10分~15分。相当やりごたえがあります。
be動詞だけで78単元あるので、やってもやってもbe動詞から抜けられません。

私もメンドクサイですが、ちゃんとアルファベットの読み方からbe動詞など、一つのレッスンも飛ばさずに受講中です!まだ中学生始めたばかりなので、早く進級するのが目標です!

そこで今のところ(学習はじめて5日経過)わかったこと・できるようになったこと。

・「v」「z」の読み方
・パソコンでの英文タイプ
・be動詞を反射で判断

なんか今までアルファベットの読み方間違ってたわ… 
これは「すらら」がちゃんと発音を繰り返し聞けるからわかったことでもあります。

ゲームのようにクリアしていく学習スタイルもやる気を継続させます。(大人でも)

無料体験もできますが、まずは資料請求するのもおススメです。
→ 無料体験・資料請求はこちら

すららの進め方

やりたいところから始めて、終わりたいところで終わる。

すらら 学習画面

このキャラクターからは「もっとがんばれる」とか「そろそろ休憩したら?」とか、何かしらメッセージが表示されます。

インターネットに接続してキャラクターとの対話型(とは言ってもしゃべるのはあっちだけで、相互会話ができるわけではありません)学習なので、レッスンのイチから始めてもいいし、今わからないところから始めても、もちろん予習として少し先のことをやるのもいいですね。
「無学年方式」の学習スタイルなので、何年生だからここまで、という縛りはありません。
できるなら小学生でも高校生の学習に進んでもいいし、高校生が中学生からやり直してもいい。

学習は記録され、問題の平均回答率や時間なども分かります。もちろん自分の結果も保存され、苦手な部分は自分のレベルに合った問題を出され、解けない理由を教えてもくれます。

私は英語をイチからやり直していますが、まだ This is ~ という基本的なところあたりなので、さすがに正答率100%を連発してて気分がいいです!どこから躓き始めるのか…

→ すららで無料体験してみる

すららの学習に必要なもの

すららはパソコンとタブレットが対象です。
英語の単語や英文入力があるのでパソコン推奨です。

タブレットを利用する場合は外付けキーボードがあったほうがいいかもしれません。
スマホは一部動かない機種があるので動作保証対象外です。

それと英語の学習では、単語や英文を書く練習をするので、ノートと筆記用具も用意しましょう。

「すらら」は子供向けの体裁ですが内容は侮れません。
英語の1教科しかまだ体験していませんが、

・ちゃんとした英会話や単語の発音が何度でも繰り返し聞ける
・間違えたところは自動で復習+苦手克服できるような問題が出される

というところがすごいと思いました!
とにかく学習ユニットを「クリア!」していくのが楽しいです。

学習単位の1ユニットはだいたい15分くらいなので、集中も途切れることは少ないと思います!


2018年2月28日までクリアユニットキャンペーン実施中!
→ 無料体験・資料請求はこちら